買いって何?しっかり理解しよう

買いとは、有形資産の市場価格が上がれば、資産価値も上がり、市場価格が下がれば資産価値を失うリスクが高まる形で、その有形資産を保有しているか自分の自由にできる状態を指す。
買いポジションを意図的にか意図せずに取っている例をいくつか示しておこう。

スペキュレーターとして意図的に買いポジションを取るには、株か先物かオプションか通貨を買ってトレードを始めればよい。

注文が約定した瞬間に、買いポジションを取っている状態になる。
なぜなら、株を買えばそれを保有していることになるし、先物かオプションを買えば債券や金や小麦や生牛やユーロなどの資産にかかわる権利を手に入れたことになるからだ。
買いポジションを取れば、何であれ買ったものの価格が上がったときに利益を上げる機会が得られるが、価格が下がったときに損をするリスクにもさらされる。

何かを経験した結果として、意図せずに買いポジションの状態になることもある。

例えば、大学卒業のお祝いに親類から一オンス金貨を一〇〇枚もらったとしよう。
金貨を資産として所有しているということは、金の現物市場で買いポジションを取っていることと同じ効果を持つ。
そのため、金市場に影響する力によって常に変動する金の価格に応じて、金貨の価値も変わる。

多くのコマーシャルズや機関投資家は、活動の結果として意図せずに買いポジションを取っているのと同じ状態になることがある。

例えば、牛の牧場か大豆農場を経営するか、金か石油の採掘をするか、ヘッジファンドを運営すると決心したとする。
これらやほかの多くの事業を行うと、当然ながら有形資産や金融資産が増える。
つまり、それらの在庫がどういう現物市場に対応しているかは別として、事業そのものの性質によって、彼らは意図せずに買いポジションを取っているのと同じ状態になる。
買いポジションであるということは、絶えざる価格変動によって在庫の価値が下がる可能性があるだけでなく、財務の健全性や経営全体にも悪影響が及ぶ可能性があるということを意味する。

smallがおすすめするFXSuitについて

私がおすすめするFX会社は「3すくみスワップ投資法」と呼ばれるトレードテクニックがノーリスクで稼げると話題のFXSuitです。
FXSuitは取引条件も良く、「3すくみスワップ投資法」を実践すれば、確かに日々利益を出すことができます。

おすすめの記事