高度なメンタルトレーニングをしよう

イメージの視覚化をさらに発展させたいなら、自分を主人公にした映画を監督する気分で、あらゆる角度から自分の姿をイメージしてみればいい。
高度なメンタルトレーニングができる。

あなたが、オリンピックで金メダル獲得を目指す一流スポーツ選手なら、モチベーションを高めて正しい選択をするために、実際に自分が金メダルを勝ち取る場面を繰り返しイメージすることが必要だ。
メダルの授与式で、国歌に耳を傾ける自分をイメージする。
これをくり返しているうちに、毎日のエネルギーの流れが、金メダルをはるか遠い夢としか思っていないときとは、まったく違うものになってゆくのだ。

大切なのは。夢のポジションを獲得したときの気持ちを想像すること

裕福になりたい人は、金持ちの生活をイメージしてみよう。
それで最高の気分になれるなら、その感情が、日々の正しい決断を後押ししてくれるはずだ。
大切なのは、夢のポジションを獲得したときの「気持ち」を想像すること。
望んでいた権力が手に入ったとき、著書がベストセラーになったとき、夢を体現したときの気分を、イメージするのだ。
俳優のジム・キャリーは、無名のコメディアン時代に、ポケットに、自分あての一千万ドルの小切手をしのばせていた。
これもイメージの視覚化である。
いつかコメディ映画に出演して大金を手に入れる自分をイメージしていたわけだ。
当時は「あまりにも非現実的すぎる」「コメディ映画で一千万ドルを稼ぐ俳優などいない」と誰もが彼のことを笑った。
しかし、ジム・キャリーの考えは違った。
彼は自分の理想の一日をイメージし、一千万ドルの小切手を財布にしのばせることで、夢に実体をもたせた。
夢が現実になったのは、そこにたどりつくために、たくさんの正しい選択をしたからだ。
小切手は、やる気の原動力であり、ゴールを常に意識するためのツールである。
前章の「心のつぶやき」では、言葉選びと自分への問いかけが、いかに重要かを説明した。
イメージの視覚化もそれと同じで、何度も頭に思い描くうちに、それが日々の習慣になり、考えなくても自動的にできるようになる。
私自身、一日も欠かさずイメージトレーニングをしている。
クライアントに会うときの、なりたい自分の姿をイメージする。
クライアントの話をしっかり聞いて、相手をよく観察し、質問をする自分を。
理想の自分の言葉に耳を傾け、姿を想像し、感じている。
ところで、スポーツ選手が優勝をイメージするのは、試合がはるか先にある段階にすることであり、試合直前に優勝をイメージすることは、おすすめできない。
スキージャンプの選手がスタートの手順を踏むときに、表彰台をイメージしてはいけないのだ。
その段階では、数秒後の未来に意識を集中するべきだ(これは「モード」の話になるが、これについては後の章で説明する)。
現代の一流のスポーツ選手のほとんどが、イメージトレーニングを使っている。
芸術家やブローカー、アナリストといった専門職の人や、普段の生活のなかでも、この強力なメンタルツールは、威力を発揮するはずだ。

smallがおすすめするFXSuitについて

私がおすすめするFX会社は「3すくみスワップ投資法」と呼ばれるトレードテクニックがノーリスクで稼げると話題のFXSuitです。
FXSuitは取引条件も良く、「3すくみスワップ投資法」を実践すれば、確かに日々利益を出すことができます。

おすすめの記事