資産分散は必須!

おすすめの国は米国ですが、資産分散は必要です。
エリア分散ではなく、資産分散によってリスク低減を図ります。
株式と逆の値動きをしやすいのは、債券です。
債券とは借用書のようなもので、国が発行したものは国債、企業が発行したものは社債と言います。
債券を買った投資家は、利息を受け取ることができ、償還日(満期)には額面分が償還されます。
発行体の安全性が高ければ利率は低く、逆に安全性が低ければ、利払いや償還が滞る危険性があることから利率が高くなります。
リスクに応じた利回りということです。
景気悪化などで株価が下落する局面では、質への逃避と言い、投資家は株式を売って安全性の高い債券を買う動きが起きます。
そうなると株価は下がっても、債券価格は上がることになり、逆の値動きをしやすくなります。
そのため株と債券を持っていれば資産全体の値動きが安定しやすいというわけです。
つねにそうなるわけではありませんが、それでも株に比べると債券のほうがはるかに底堅い動きをするので、資産の増減をマイルドにする、上下動を小さくするツールとしてよく使われます。
国内債券はこの超低金利下でほとんど利息が期待できません。
対して外国債券(外債)は、低いながらもまだ金利収入が得られます。
外債には為替リスクが伴い、利息があっても為替変動によって利益が消える可能性があることを念頭に置く必要があるものの、日本円もしくは国内債券で置いておくよりは魅力があります。
為替変動リスクが許容できる投資家には魅力の商品となっています。

smallがおすすめするFXSuitについて

私がおすすめするFX会社は「3すくみスワップ投資法」と呼ばれるトレードテクニックがノーリスクで稼げると話題のFXSuitです。
FXSuitは取引条件も良く、「3すくみスワップ投資法」を実践すれば、確かに日々利益を出すことができます。

おすすめの記事